デザインについて

センスはどこからやってくるのか。

今日の名古屋は最高気温32度!!
まだ5月というのに連日暑い日が続いてびっくりしています。

こんにちは。
デザインとブランディングの会社 Oct-path(オクトパス)の岡部雅世です。
名古屋を拠点にアートディレクターとして活動しています。

昨日の朝は息子が保育園に出かけるギリギリまでお絵かき。
最近なぜかハマっている「からかさおばけ」の絵を熱心に書いていました。
(これは、パパが少しお手伝いしたからかさおばけ。彼はそこにアレンジを加えています。)
子供って、出かけるまで5分とないのに、新しいことを始めるのですよね…

5歳になったばかりの彼はお絵描きが大好き。
私もそうだったなーと微笑ましく見ています。
(でも遅刻気味の時のお絵描きは勘弁してほしい…_:(´ཀ`」 ∠):)

センスって何ですか?

そんな彼ですが、保育園のクラスの中でも絵が上手いそうで、
私の職業を知るママ友や先生たちは
『ママが芸術的センスがあるから〜』
と言われるのです。


息子の作品。私も見本を描いたりしていますが。図鑑を見ながら描いていることが多いかな…

まさにこの「芸術的センスがある」という言葉、
私いつの頃からか、ずっ〜と言われてきたのですが、どうもしっくりこない。
しかし、他の人からは生まれ持った特別な才能(あんまり役に立ちそうにないけどね)のように捉えられていて、ずっと疑問でした。
絵が上手いこと=センスがあるの?

センスって何なの?
神様がくれた特別な力なの?
お腹の中にいた時からあった特殊能力なの?

答えはNOです。
だって、絵は描き続ければうまくなるから。
誰でも絵が突然うまくなったわけじゃないよ。

センスは情報と経験。

スポーツが得意な人は小さな頃から人より沢山練習をしていたり、
文章が上手い人はたくさん読書をしたり、子供の頃から文章を書いていたり。
数学の好きな人はそれこそ人より何倍もの公式と向き合っているはずです。

センスはたくさん努力して
たくさんの情報を自分の中に取り入れた経験。

「あの人はセンスがあっていいな〜」
って、つい思ってしまうのですけどね。

私自身、「デザイン」は大学の頃から学んではいましたが、
社会に出てから毎日向き合ってきた時間の方が何百倍も長い!
大人になってからの成果が方が何倍も大きいのです。

今も新しい仕事の前には情報収集・資料収集・トレンド収集を欠かしません。
(ビューティ関係の仕事が多いため、このような資料が溢れかえっています。(-.-;))

 

結局のところ、「センスがいい人」って、
たくさんの情報を見たり聞いたりして自分の中に常にインプットしていて、
それが必要とされる場に的確に提示・行動(アウトプット)できる人なのだと理解しています。

センスは努力次第で何とかなる。

センスが経験だというのであれば、
経験を積むことでセンスを伸ばすことができます。
いくつになってもセンスは伸ばすことができる
そういうことだと思います。

大人になってからでも、自分の学びたい分野で
「センスがある人」になることが可能なのではないでしょうか。

ただ、小さい頃は環境や出会いというものが大きく影響しているでしょうね。
息子の話に戻理ますが、彼は、「絵は誰でもかけるもの」だと知っている。
また、私たちも「自由に楽しくかいてもいいもの」だと教えている。
それが彼の「絵を描くセンス」を伸ばしてる要因だと思います。

—————————————————————————

最後まで読んでいた頂きありがとうございました。

ご連絡・お仕事のご依頼・お問い合わせは下記までお願いします。

CONTACT|Oct-pathoct-path.com

Oct-path
アートディレクター
岡部 雅世

こちらでも発信しています!
Twitter
facebook